信念を変えよ。


 

1954年、イギリスの陸上選手ロジャー・バニスターは、
1マイル(約1.6キロ)を3分59秒4で走った。

当時、1マイル4分は「brick wall(れんがの壁)」と言われ、
エベレスト登頂や南極点到達よりも難しい記録とされていた。

しかし、その46日後、ライバルだった陸上選手が、
3分58秒の記録を打ち立てた。
その後、不思議なことに、1年間で37人もの選手が4分の壁を乗り越えてみせた。

「絶対に不可能」とあきらめていた選手たちの信念が変わったのだ。

世の中の常識にとらわれると、
それがさも自分の信念であるかのように誤解してしまう。
すると、実際には壁を乗り越える力があっても、実力を発揮できない。

ところが、誰かがそれを実現すると、先入観が取り払われる。
不可能という信念が、可能という信念に変わり、
人々の連鎖的な行動につながっていくのだ。

信念を変えよ。
壁を乗り越えるために。