お金で問題は解決しない。お金は問題の原因でもない。


 「あと10万円月収が上がれば、借金を返せるのに」。そんな風に考える人は多い。しかし、借金そのものはさしたる問題ではない。借金の原因を生み出している価値観や行動パターンが問題なのである。

? お金がたくさんほしいという価値観は誰もが抱いている。一方で、多くの人は「働かざる者喰うべからず」といった信念も持っている。

 確かに、お金は働いて得るものだ。しかし、その信念が強すぎると、お金がほしいという価値観と矛盾してしまう。「金持ちになるには、24時間働くしかない」。そんな考え方をしたら、誰でも「そこそこでいい」と妥協してしまう。結果的に、その信念はお金を得るためのアクセルではなく、ブレーキになっているのだ。

? お金に対して複雑な感情を抱いていることも、経済的に成功しない人の特徴だ。お金がほしいと思いながらも、金もうけに何か悪いイメージを抱いているのだ。金持ちになると妬まれる、お金だけがすべてではない。そんな感情があると、お金を得るための行動にはつながらない。だから、自らお金を増やさず、借金という利便性に走るのだ。

 お金さえあれば、人生の問題はすべて解決すると思っているなら大間違いだ。あらゆる問題の原因は、あなたの内面にある。まずはそれに気づかなければならない。